献体

献体

献体とはなんなのかについて

献体とは、だいぶ前にブログにも書きましたが大学の解剖の実験にご遺体を提供することをいいまして、医学生には貴重な実習の経験になるのです。

故人が献体を希望している、という方に呼んでいただきたいと思いましてこの話を書くことにしました。この献体は所定の団体に申し込みをして登録するのですが、申込書は郵送でやり取りするだけで登録できるそうです。

ただ登録してあるだけでは献体をすることが出来ず故人の意思も尊重されません。注意が必要なのは、ご自身が登録をし献体を希望されているとしても、ご家族の承諾がなければ献体はできないということです。生前にご家族とよく話し合いましょう。

承諾を得て登録ガードを受け取ったら大切に保管します。保管場所はご家族には伝えましょう。このカードに電話番号が載っています。ご遺体を移す先の大学などの電話番号ですね。ここへ、ご遺族が連絡されると、ご遺体は火葬場ではなく大学などの施設に移動されることになります。献体した、ご遺体がご遺族の元へ戻るまでの期間は1年程度かかるようです。遺骨となってご遺族の元に帰ってくることになります。

本人が望んでいていったん了承しては見たもののやはり献体には反対だという場合は、その旨、申し出ましょう。故人の尊い意思は反省されませんが、ご遺体を守りたい気持ちもわかりますので。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar