臓器提供

臓器提供

臓器提供について考える

実は私は臓器提供意思表示カードを持っています。自分が死ぬに当たってはこれを生かして欲しいと家族には話しました。そこで、亡くなった方の臓器提供の問題も葬儀の前に出てくる問題だと考えブログに書いておこうと思いました。

今は臓器移植法が制定され、本人もしくは家族の同意にて臓器を提供することが可能になりました。これにより今まで助からなかった命がたくさん助かるようになってきたのではないでしょうか?1人のご遺体から何人もの人を救うことが出来るのです。

私の家族に腎移植患者がいます。運よく家族のものが適合し今では普通に生活できるようになりました。そういった環境もあり私はドナーカードを持つようになりました。補足ですがドナーカードの宣伝ではありません。

もし「絶対に誰にも1つも臓器を渡したくない。体に傷はつけさせない」そう思う方がいらっしゃれば、その方にも意思表示カードは必要なのです。「臓器は提供しない」という「意思」を表示するためのものでもあります。

本人がそう思っているのに家族に伝わっていないがために家族同意で臓器提供されては不本意でしょうから。なお、臓器の提供をした場合も、摘出はすぐに終わり普通に葬儀が行えますのでご心配無用です。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar