遺言-2

遺言-2

遺言についてもう少し

遺言の作成については自筆のもの(自分で書いたものであればワープロでもいいようです)、また公正役場で2人以上の人に立ち会ってもらい作成したものとあります。いずれも、良い点、、悪い点もありますのでよく検討してどの方法にするか決めましょう。

保管については、人に預けるのが心配であれば銀行にも預かってくれるサービスがあるので、それを利用することも出来ます。遺言は書いたら封印をしましょう。封印をしているかしていないかによっても扱い方が変わってきますので注意しましょう。

書かれた遺言書を自分が見つけてしまった場合、勝手にあけてはいけません。家庭裁判所に提出をして所定の手続きを受けなければいけないのです。それをしないと遺言が無効になる可能性が出てきます。遺言を実行するに当たっては遺言を実行する人をあらかじめ選んで指定しておかなければなりません。それも遺言に明記します。

少し話しが戻りますが自筆で作成の場合は名前と日付、押印など漏れがあってはいけないなどのルールがあります。これが適正にそろっていないと遺言自体が実行されない可能性が出てきます。

自分の意思を通して自分の思うがままに最後を迎えて送り出して欲しいものですね。そのためには自信が履行にならないといけないのだと考えました。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar