葬儀式場をどのようにして決めるか

葬儀式場

葬儀式場を決める際には、その規模や予算、葬儀の形式を考慮した上で、葬祭業者と相談して式場を決める必要があります。それぞれの式場によってメリットやデメリットが考えられます。

自宅で葬儀を行う場合には、祭壇を飾る部屋、遺族が座るスペース、僧侶が着替えや休憩を行うスペース、会食を行う部屋などといった空間の問題があります。宗教や形式にこだわらない小規模な葬儀であれば可能ですが、周囲の人に理解を得る必要は生じます。

斎場には自治体が運営する公営のものと葬祭業者や寺院などが経営する民営のもとがありますが、葬儀のために作られた場所であるため、設備やサービスの点で利用しやすくなっています。

ホテルに葬儀の会場をつくることもあります。遠方から来た弔問客の宿泊のほか、貸衣装や香典返しなどを一括して頼めるのがメリットです。デメリットとしては多くの場合、遺体の搬入や焼香ができないため、先に火葬をして遺骨で葬儀を行うことが多いようです。

 

仏式の葬儀における記憶

私は生まれてからいままで、葬儀というものには数回出席したことがあります。

出席したものは仏式のみならず、他の方式の葬儀などもあり、人によっては葬儀を行わない方もいました。

中でも仏式の葬儀の回数が一番多かったわけですが、仏式の場合、お坊さんがお経を読むことが多いかと思いますが、あれを苦痛に感じる方もいるかもしれません。

私はあれが苦痛ではありません。

なにかの宗派に属しているわけでもなく、お経の内容のすべてがわかるわけでもありません。ですがお坊さんが素晴らしい声で唱えるお経は、一種の芸術のような気がするからです。

数回しかお経を聞いたことがありませんが、お坊さんによって抑揚の付け方などが全然違いますし、なにより声の違いでお経というものの素晴らしさが大きく違うことを思い知りました。

葬儀というものに縁がないことがなににおいてもいいことですが、あのお経というものには少し感動を覚えます。

 



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar