樹木葬という葬儀に興味津々

樹木葬という葬儀に興味津々

葬儀の一つとして興味を持っている方が多く葬儀社によく問い合わせがあるのが樹木葬です。

樹木葬は、自分がなくなったら木を植えるとうものになります。そして、ご家族はその木をなくなった方だとしましてお参りをするというものになります。

自然と一体になるような感覚の葬儀の一つの形態になります。

基本的にその樹木葬という葬儀が行われる場合については、山の中にありますのでデメリットがないわけではありません。

ご家族がお参りにくるのも一つ苦労となる事もありますので、難しい存在であると覚えておきましょう。ですので、樹木葬という葬儀を行いたい場合には事前にご家族の了承を取っておくべきではないでしょうか。
樹木葬という葬儀ですが、自然に帰りたいという方の希望をかなえるものでもありますので、
これからもある程度の需要があるものと想定されます。

葬儀が終わった後に注意すること

葬儀が終わった際には、世話人や諸々の係の人に任せた事務を精進落としが終わった後にできるだけ早く遺族が引き継ぐようにしましょう。引き継ぐものは香典、弔電、領収書などで、お金に関するものはその場で必ず確認しておきましょう。葬儀会社の見積書や明細書、請求書も必ず受け取っておきます。金銭出納帳、立て替え金の返済なども忘れずに確認しておきましょう。

そして葬儀の後は遺族が直接寺院や教会等にお礼を渡しに行く必要があります。いくら包めばいいかは、葬儀会社に相談してみるといいでしょう。仏式ではお車代や御膳量を別にした「御布施」として、神式では斎主、斎員、楽人それぞれに「御神饌料」もしくは「御祭祀料」として謝礼を包みます。キリスト教式では教会に対して「献金」を行うことになります。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar