不祝儀袋の取扱い

不祝儀袋の取扱い

不祝儀袋の扱いに関して

葬儀の際と法要の際では不祝儀袋の扱いが異なりますので宗教別に書いてみようと思います。

仏式
(葬儀)・・・御霊前、御香典などと表書きに書きます。
(法要)・・・御仏前、御供物料などと表書きに書きます。

神道
(葬儀)・・・御霊前、御玉串料などと表書きに書きます。
(法要)・・・御玉串料、御榊代などと表書きに書きます。

キリスト教
(葬儀)・・・お花代、御ミサ料などと表書きに書きます。
(法要)・・・お花代などと表書きに書きます。

またお返しなどの表書きもご紹介します。以下の通りです。

葬儀の際のお香典返しは「志」と表書きに書きます。 法要の際のお坊さんへのお返しは、お布施、お車代などと書きます。 お世話役の方へのお返しは、御礼と書きます。

表書きは本来であれば薄い墨で書くものですが、ペンなどで書く場合は通常の濃さでも問題はないようです。御葬儀・法要の不祝儀袋自体、宗教によってことなります。キリスト教は水引を使わない不祝儀袋になるそうです。地方により水引も異なりますので、注意が必要になります。事前に確認しておきましょう。

水引は「結びきり」になることには変わりはないようですね。演技の悪いことが続かないようにという意味が込められています。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar