社葬

社葬

社葬というものに参加するに当たって

社葬で届くものは招待状ではないのです。参加する人を早急に決めなければなりません。個人的なお付き合いであれば自分で決めてもいいのですが、会社対会社の場合は自分よりも上席の人できれば社長に決めてもらいましょう。

相手との間柄も考えて自分より役職が上の人が望ましいでしょう。社葬というもの自体、故人がある程度の役職についていた方でないと行われませんので、伺うほうとしても社長クラスが弔問に訪れるのがマナーではないでしょうか?

服装は普通の葬儀と同じく正装(喪服)で行きましょう。なにが大事かというと普通の葬儀とは違いまして供物やお花などに関して手抜かりのないようにしなくてはなりません。これらには会社の名前を入れて出すからなのです。供物とお花の手配は早いに越したことはないです。

社長は忙しくていけないという場合も出てくるでしょう。その場合には代わりのものがいくことはしてもかまいません。しかし代わりの人には社長の名刺を渡しておき持参してもらうのが良いですね。

社長が伺えない事情の説明もしておいて、社長からのお悔やみについては後日改めてすることにしましょう。これを忘れると失礼にあたりますので気をつけてください。社長本人が送るのがマナーです。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar