和装マナー

和装マナー

和装の場合の正装について

喪服についてですが洋装については書きましたけれど和装について書き忘れていたので書くことにします。男性の着物は黒の無地になります。夏冬によって生地はかわります。その上に紋付の羽織を着用することになります。

はかまは仙台平が一般的です。長襦袢と半襟は白いものにするそうです。地味な角帯を締めて足袋は白いものだけです。ぞうりは鼻緒を黒に、そして扇子は必要ありません。むしろ持たないでください。

女性の和装は着物が黒無地の紋付。紋は実家のものか嫁ぎ先のものになります。お嫁入りのときに昔は用意したものですよね。長襦袢と半襟は白いものにしましょう。帯は袋帯、黒の無地か地紋のものですね。お太鼓を小さく結びましょう。

帯締めは黒の組みひも。帯止めはつけてはいけません。アクセサリーと同じ扱いです。帯揚げは黒です。足袋は白で、草履は黒の布のものでなくてはいけないそうです。ご年配の方が多く着用される傾向がありますが最近では、長時間のことにもなりますし、ご年配の方もお疲れになりますから洋装にされる方も多くなってきましたね。

着付けの出来る人も少ないので、今後もっと洋装になっていく傾向にありそうです。忘れないようにここには書き残しておこうと思いました。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar