曲を流しながらのお葬式「無宗教葬」について。

曲を流しながらのお葬式「無宗教葬」について。

皆さんはどんなお葬式に参列された事がおありでしょうか。

時代の流れと共に従来の葬儀の形ではなく、自由な形の葬儀を行う自由葬も増えているものかと思います。

しかし、一般的にはまだ認知されていない方も多いこの自由葬、「一体どんな物があるの?」と疑問に思う方も多いものかと思います。
例えばこの自由葬の一つに「無宗教葬」というものがあります。

今回はこの「無宗教葬」についてご紹介していけたらと思います。

無宗教葬とはお葬式に音楽を取り入れた葬儀です。どんな人が無宗教葬をしていらっしゃるかと言うと、例えば故人が生前に音楽が趣味だったり、故人が大切にしていた音楽を葬儀の席で流したいという方、遺言で葬儀では音楽を取り入れて欲しいと記されていた場合などがあるのではないでしょうか。

確かに、好きな音楽、思い出の音楽で式が進められるというのは良いものですよね。
流す音楽としましては、CDであったり、生演奏であったりもするようです。全体的に無宗教葬というだけあって音楽の演出を多様に取り入れられている感じと言えるのではないでしょうか。
私のイメージとしては学校の卒業式が近いように感じます。このように魅力が沢山ある無宗教葬ですが、自由葬だけに通常の葬儀とは少し異なった注意点も存在します。
次は注意点についてお話したいと思います。

注意点としましては、自分以外の家族、親族の方の理解を十分に得るという事です。基本的に自由葬ですので、故人が無宗教ではなく宗派がある場合は納骨場所の事や家族、遺族としっかり話しあいましょう。
他には自由葬である無宗教葬には葬儀の決まった流れというのがありません。当日に葬儀屋とのトラブルにならないように、意志疎通をしっかりとはかり、打ち合わせを念入りにしましょう。

いかがでしたでしょうか。皆様も個人的に大切な曲や、好きな曲がある事と思います。もし、自分の葬儀の時に曲を流したいとお考えでしたら、無宗教葬を検討してみられるのもいいかもしれません。
葬儀について



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar