葬儀の一つの形態・音楽葬について

葬儀の一つの形態・音楽葬について

近年、葬儀の形態は多様化しています。その一つとして、音楽葬があります。
音楽葬は家族葬の一つとして行われており、葬儀の際に音楽の生演奏やCDを用いる形式です。
音楽葬で演奏される曲は、故人が生前に好んでいた曲や、遺族や参列者の心にしみ入る名曲などが多いものです。
その選択についてはジャンルを問わず、遺族の意向で自由に決めることができます。
また、音楽葬は仏式・キリスト教式・神式など、いろいろな宗派の葬儀に対応することもできます。
通常の場合、音楽葬では葬儀の開始前から演奏を始め、焼香または献花、弔電披露や喪主挨拶の際も音楽が流れます。
その後、出棺の時には故人を見送るため、特に故人の愛した曲を演奏します。最後に参列者が退出する時まで、音楽の演奏が続くのです。
音楽葬は、葬儀に故人や遺族の感性を反映し、より深く故人を偲ぶ形式として浸透しつつあるのです。

音楽葬は通夜も行われるのか

近年、葬儀の数も増えて気まして、どれがどういったシステムなのか分かりづらくなってしまっていることも確かです。
その葬儀の数の多さというものもかなり金なる時代に入ってきたと言えるでしょう。
そこで音楽葬というものがあります。音楽がたくさん葬儀の中でかけられるのが音楽葬というものです。
その音楽葬ですが、通夜について行われるのか分からない方も多いです。実際に、音楽葬では通夜が行われるのかということですが、問題なく行われます。
ですので、一般の葬儀としっかりと同じところもあるわけです。音楽葬というものについても、通夜があるということはまず覚えておいて無駄になることはないでしょう。
通夜がないと思っていてなかなか候補に挙がらなかった事があった方は、安心して葬儀の候補に音楽葬を入れてください。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar